トライク#1

2014.09.30

Work Flow, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow

Exif_JPEG_PICTURE

大型部品のペイントも多く仕事ととして頂いております。

今回は2011年モデル「FLTRUSE-CVO」のトライクキットボディーのペイントを紹介します。

カラーは純正色「リオレッド&ブラックエンバー」でペイントします。

 

お預かりした時はすでにところどころサフェーサーが入っていました。

FRP製品は作業に入る前に一度ブースの中で高温で熱を入れます。

するとかなりに数の膨れが出てきて、それをすべて修正します。

Exif_JPEG_PICTURE

このように膨れを削り落とします。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

一つひとつの作業は当然のこと手は抜けないのですが、この下地処理はかなり全体の要でもあります。

しっかりと行うか行わないで、仕上がりに影響します。

トライクの場合この作業で4日間くらいを費やします。