カーボン転写

2013.09.28

Gallery, イージーグラフィックス

SONY DSC

カーボン転写の裏側をお見せしましょう。

転写するパーツはドゥカティ696のフロントフェンダーです。

Exif_JPEG_PICTURE

まず、フロントフェンダー全体をカーボン転写の下色「ブラック」をペイントします。

そして転写する部位を残しマスキングします。

Exif_JPEG_PICTURE

転写槽にカーボンフィルムを浮かべ、安定したら転写して行きます。

Exif_JPEG_PICTURE

この時、パーツの形状などをしっかりと把握しておき、転写槽につける方向、スピードなど最新の注意をします。

Exif_JPEG_PICTURE

カーボン柄が全体に転写出来たのを確認したら、ゆっくりと転写槽から出して行きます。

Exif_JPEG_PICTURE

このように転写されます。

SONY DSC

転写が終わったら、様々な処理を行いクリヤーコートをして終了です。

通常の塗装と一緒なので耐久性も優れています。