スムージング

2019.02.06

Work Flow, BMW, Work Flow

BMW Rnine T

エアーインテークカバーをスムージングします。

「nineT」のプレスされた部位と、ヤマ状に盛り上がっている部位を平らに仕上げます。

このような作業もグランツの得意分野なんです。プロフェッショナルの職人さんが作業します。

 

 

Glanz:Facebook

https://m.facebook.com/CompanyGlanz/?pnref=story

ヤマ状の部位は、細かく細かく少しずつ少しずつ、ハンマリングして潰していきます。

一度に叩いてしまうとアルミが伸びてしまったり、割れてしまう恐れがあるので少しずつ叩きます。

nineT のところは、さすがに潰せないためロゴのエッジを丸めて角を取り、エポキシ系の強力なパテで全てを埋めます。このパテは乾くと物凄く強固になり、叩いたり曲げたりしても割れないのが特徴で、アルミ製品との密着も抜群です。

裏面も表面同様にきれいに処理します。

見えない所もしっかりと!です。

エポキシ系のパテである程度、形作ったらアルミ専用のパテで最終仕上げを行います。

きれいにスムージングできました。

最後にアルミ専用のエポキシ系のサフェーサをペイントしてスムージング作業が終了です。