ビキニカウルペイント#1

2019.02.01

Gallery, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow

2015年モデル FXSB ブレイクアウト。

ビキニカウルペイント前の下地処理を行います。

FRPパーツのため巣穴(細かな穴)や、成型時の合わせ面痕などを修正します。FRP製品の場合はこのような作業が必須なんです。そしてスプレーパテを一度ペイントして面だしなど行い、最後にサフェーサーをペイントして下地処理を終えます。

 

ハーレーダビッドソン三鷹

http://www.harleydavidson-mitaka.com/

Glana : Facebook

https://m.facebook.com/CompanyGlanz/?pnref=story

比較的に程度の良い製品です。

でも巣穴や成型上の不具合もあり修正していきます。

ある程度サンディングを行い、巣穴などをパテで埋め形作ります。

表面を整えたらサフェーサーはまだペイントしないで、スプレーパテをペイントします。

ここでひと手間かけるのと、かけないのでは仕上がりに差が出ます。

これがスプレーパテをペイントしたところです。

グランツではFRPの部品には、ほぼスプレーパテをペイントしています。

パテ研ぎ感覚で表面を均し整えてからサフェーサをペイントします。

サフェーサーをペイントペイントした後です。

これで下地処理が終わります。

どのような材質の部品でも仕上がりのため、下地処理など一つひとつの作業工程をこだわります。