Rフェンダー下地処理

2018.10.23

Gallery, HARLEY-DAVIDSON

車種と年式は不明ですが、そこそこ年代物なのか?

社外部品(新品)を下地処理からペイントしていきます。

新品でもサビやヒズミなどが多くありました。まずは、サビ取りからはじめます。

部品がピカピカになるまでサンディングしながらサビ落としを行い、その後にパテ付けを行い表面を均していきます。

 

 

ハーレーダビッドソン陸友

http://www.harleydavidson-rikuyu.com/

Glanz:Facebook

https://m.facebook.com/CompanyGlanz/?pnref=story

かなり広範囲のパテ作業となります。

 

アルミパテ・ポリパテと使い表面を整えます。

 

サビ止めのプライマーをはじめにペイントしてからサフェーサーをペイントします。

これで下地作業は終わります。