メッキパーツにペイント

2018.06.21

Work Flow, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow

DSC_2143

ヘッドライトカバーとヘッドライトリング・ハンドルカバーのペイントです。

全てメッキ加工されているパーツです。

昔はメッキ加工してあるパーツのペイントはNGだったのですが、今は材料が進化してメッキパーツにペイントできるプライマーがあります。

当時より幅広くペイントが楽しめます。

 

ピットインハーレーダビッドソン

http://www.harleydavidson-pitin-hd.com/

Glanz:Facebook

https://m.facebook.com/CompanyGlanz/?pnref=story

DSC_2144

専用ペーパーでしっかりと下地を作ります。

メッキなのでなかなかペーパー目が付きづらく、ゴシゴシって感じで目を付けていきます。

DSC_2145

DSC_2146

DSC_2147

これがメッキ専用のプライマーをペイントしたところです。

メッキとの密着性がすごくよく、従来の材質と同じ未着性を保ちます。

DSC_2148

DSC_2149

DSC_2154

今回はオールペイントの一つのパーツとしてペイントしました。

DSC_2155

DSC_2156

DSC_2157

DSC_2158