キャンディーカラー

2018.06.20

Work Flow, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow

ハーレー純正色などで多く使われていますキャンディー系の色。

最近の色で言いますと、ホットロッドレッドフレークやベロシティーレッドサングロ・ミステリアスレッドサングロ・ブラッケンドカイエンサングロなど、キャンディー系のプロセスを用いてペイントします。

このツアーパックもその一つ、2013年CVO-ロードキング。

バーガンディーブレイズ。

ベースカラーはガンメタ系で目の粗いフレークが入っています。その上にバーガンデー系のキャンディーを数回コートするとバーガンディーブレイズの色となります。

キャンディー系の色は、ベースの色とトップコートの色で決まります。なので調色はそれなりに大変な色なんです。

 

Glanz:Facebook

https://m.facebook.com/CompanyGlanz/?pnref=story

DSC_1310

DSC_1311

DSC_1312

DSC_1313

DSC_1364