FLHTCU TC#1

2018.05.15

Work Flow, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow

RIMG3164

2014年モデル。

エレクトラグライド ウルトラ クラシック。

フューエルタンクとロアフェアリングの鈑金修正とキズ修正を行います。

フューエルタンクは右側面に手のひら大のヘコミ。ロアフェアリングにはキズが入っています。

Glanz:Facebook

https://m.facebook.com/CompanyGlanz/?pnref=story

RIMG3165

このように大きくヘコンでいまして、これを専用の機械で引き出します。

RIMG3182

RIMG3183

ロアフェアリングとカップは深いキズが入っています。

RIMG3184

RIMG3185

RIMG3167

フューエルタンクは塗膜を剥がしてから鈑金を行います

RIMG3187

機械を使ってヘコミを少しずつ少しずつ引き出します。

いっぺんに引き出してしまうと、鉄が伸びてしまい後々問題が生じる恐れがあるので、少しずつ引き出します。

上の画像は引き出しが終わったところです。

タンクの形状に合わせて鈑金して仕上げてあります。

RIMG3190

後はパテで成形していきます。

RIMG3191

RIMG3193

RIMG3207

スチール素材のパーツに関しては、スチール専用のプライマーをペイントしてからサフェーサーをペイントします。

密着性を高めたり防錆効果も高めます。

RIMG3209

RIMG3198

RIMG3204

RIMG3208

プラスチック素材のパーツはプラスチック専用のプライマーをペイントしてからサフェーサーをペイントします。

様々な材質に合わせてプライマーを選びます。

RIMG3215

RIMG3214

サフェーサーが入れ終われば下地処理は終了です。