トライグライド フロワーボード

2018.05.02

Gallery, HARLEY-DAVIDSON

トライグライド社外部品のフロワーボードのペイントです。

まずは下地処理から始めます。ボード材質がFRPなので程度は良いとは言えずそれなりに修正などが必要とされます。

時にはFRPのマットを貼り付ける作業も出てきてしまう場合などもあり、同じ製品でもバラツキがあったりします。

 

 

ハーレーダビッドソン テラカド

http://harleydavidson-terakado.com/

Glanz:Facebook

https://m.facebook.com/CompanyGlanz/?pnref=story

RIMG3017

表面処理や合わせ面などを専用のパテなどを使って成形していきます。

RIMG3018

RIMG3019

RIMG3020

RIMG3021

RIMG3028

こちらがスプレーパテ。

細かな巣穴や少しのヘコミなどこのスプレーパテをペイントすれば埋まってしまいます。

通常のパテで一つひとつ埋めていくのでは時間もかかり、パテ研ぎする時間も多くかかってしまいます。

スプレーパテをペイントすることでパテ付の時間や研ぎの時間が短縮するのは勿論ですが、最終的に仕上がりに大きく影響します。

なので手間がかかってもこの作業は外せません。

RIMG3029

RIMG3052

そしてスプレーパテの処理が終われば通常のサフェーサーをペイントして下地処理が終わります。

RIMG3053

RIMG3055

RIMG3056