XL1200V#2

2017.10.30

Gallery, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow

DSC_0221

ペイント作業にはいります。

色は純正色の「ハードキャンディービッグレッドフレーク」でペイントします。

デカールも支給で来たのですが、水性デカール(デカールを水に浮かべてデカールとアプリケーションを分離させて貼り付けるタイプ)でした。

このデカールだとクリヤーコートをした際に、デカールがクリヤーの溶剤に反応してしまい、チジレテしまったりする恐れがあったので、そのデカールを版代わりに使い通常のデカールを制作しました。

 

ハーレーダビッドソン三重

http://harleydavidson-autorec-matsusaka.com/

DSC_0245

そのデカールです。

これだとクリヤーコートしても反応しないで使えます。

DSC_0247

DSC_0222

ビッグレッドフレークの下色はブラックとなります。

DSC_0224

そしてビッグレッドフレークをペイントします。

フレークの密度や色目を見ながら塗り重ねていきます。

DSC_0225

色目が出たところでフレークのペイントを終えてクリヤーをペイントします。

この時のクリヤーコートはフレークの粒子を埋める為のクリヤーとなり、この作業でも数回に分けて行います。

DSC_0235

フレークの目が埋まったら表面をフラットにして、制作しましたデカールを貼り仕上げのクリヤーをペイントします。

DSC_0236