ドゥカティ 848EVO

2017.08.04

Gallery, DUCATI

DSC_0899

ドゥカティ848EVO

右側のサイドカウルを純正色のマットパールホワイトでペイント。

サイドカウルはパールホワイトの中古品を使い、キズなどがあり修正してペイントしました。

調色もマットペイントなので、フロントカウルの色目とマット感を合わせるのが通常のクリヤーペイントより大変です。

RIMG8130

艶有の中古部品を使いました。

RIMG8236

キズなどを見逃がさず修正していきます。

RIMG8237

クリヤーの層をサンディング剥離してサフェーサをペイントします。

ボルト穴のところは塗膜が付きすぎないように注意します。

RIMG8240

サフェーサをペイントしたら下地の作業が終わってペイント作業です。

DSC_0860

ペイント作業ですが、グランツでは裏面のペイントが必要とされるものは、すべて裏面をペイントペイントしています。

DSC_0862

単色なので一回のペイント作業で終わります。

DSC_0891

848のデカールを貼って作業終了です。

DSC_0893

DSC_0892