CBR400RR#1

2017.07.29

Gallery, 国産

CBR400RR

80年代って、レプリカの全盛期でした。

前半は400が実質最大排気量ってこともあって、250ほどレプリカ全開ではありませんでしたが、CBR400RRは人気の一台でした。

今回はグランツでは珍しい国産バイクペイントのご依頼です。

重なるときは重なるもので、これまた本当に不思議です。CBR400RRをはじめ、ゼファー1100・CBX1000など国産バイクペイントのご依頼が続きました。

RIMG8635

CBR400RRのフロントカウルの修正ペイントです。

所どころ割れていたり、傷が入っていたりしていました。新品のカウルや全てのデカール類は廃盤で部品供給できなく、カウル上部の左右のデカール以外は全てマスキングして作業しました。

マスキングされるデカールはラッキーなことに無傷でした。

カウル上部のデカールはグランツで製作しました。

RIMG8636

RIMG8637

RIMG8638

RIMG8639

RIMG8654

RIMG8655

これらを修正していきます。