BMW

GIVIトップケース#2

2018.01.11

Work Flow, BMW, Gallery, BMW, Work Flow, BMW100th限定カラー

DSC_0700

メインカラーはアルピンホワイトとなり、初めに全ての部品をアルピンホワイトでペイントします。

数点はアルピンホワイト単色で仕上がります。

ラインの入るメイン部品の4点は、このようにマスキングを行いブルーからレッドとペイントしていきます。

 

(続きを読む…)

GIVIトップケース#1

2018.01.10

Work Flow, BMW, Gallery, BMW, Work Flow, BMW100th限定カラー

RIMG1586

100周年記念限定モデル。

BMW R1200GS。

純正のトップケースは使用せず、社外品「GIVI」トップケースを100周年特別限定カラーでペイントしました。

純正部品とは形状なども異なるので、デザイン作りが大変でした。

ラインどりをどこに?ライン幅は?などなど何パターンか作りお客様に確認してもらいました。

複雑なパーツ形状、分解すると何パーツにも分かれます。

 

(続きを読む…)

BMW R1200GS-A

2017.12.27

Gallery, BMW

DSC_0679

BMW R1200GS アドベンチャー

トップブリッジ・エンジンガード・バンパー・リアキャリアやステッププレートなどすべてを半ツヤブラックでペイントしました。

ブラックで全てを統一します。

 

MOTORRAD TOKIO-BAY

http://www.motorrad-tokyo-bay.bmw-motorrad.jp/jp/motorrad-tokyo-bay/ja/index.html

(続きを読む…)

フォーティーエイト

2017.12.19

Gallery, BMW

DSC_0523

2017年モデル フォーティーエイト。

お客様が持ち込んだデカールを貼ってクリヤーコートしました。

元の色は「クラッシュドアイスデニム」だったのですが、デニムクリヤーは使わず普通のクリヤーを使いクリヤーコートしたので、「クラッシュドアイスパール」になりました。

バーアンドシールドのエンブレムをきれいに剥がしてからデカールを貼りました。

 

ハーレーダビッドソン国立

http://www.kokuryumotors.co.jp/top.html

(続きを読む…)

BMW S1000R

2017.12.18

Gallery, BMW

DSC_0539

 

S1000R フューエルタンクを補修ペイント。

純正色の「フローズンダークブルー」ペイントしました。

このフローズンダークブルーは、4輪のBMW M5(F10)に使われているカラーでもあり、マット仕上げが特徴です。

この微妙なグロス感を出すのが大変なんです。

 

モトラッド長野シティー

http://www.motorrad-nagano-city.bmw-motorrad.jp/jp/motorrad-nagano-city/ja/index.html

(続きを読む…)

R nineT#2

2017.12.04

Gallery, BMW, BRILLIANT CHROME

R nine T

R nineT 

全体のメッキ感とバランスが取れていています。

あくまでもメッキ調のペイントなので、クロームメッキほどホワイト感が出ませんが、単体で見てしまえばOKです。

秘かなブームとなっていて、お客様から多く問い合わせをいただいています。

 

R nineT#1

2017.12.02

Gallery, BMW, BRILLIANT CHROME

DSC_0371

BMW R nineT

フューエルタンクをオールペイント。

ベースのブラックは純正色のブラックストームメタリックを使い、サイド面のアルミ調の部位もすべてペイントしてしまい、フロント側面をメッキ調ペイント「ブリリアントクローム」でペイントしました。

子持ちラインはゴールドでペイントし、車両の他のパーツと統一感を出しました。

(続きを読む…)

ミッションケース

2017.11.14

Gallery, BMW

DSC_0358

BMW Rnine T レーサー。

ミッションケースに不具合がありそれを修正してペイントしました。

使用するマットクリヤーやベースコートは、ケースなどに発する熱もカバーでき耐熱性に優れています。

微妙なマッド感ですが、こちらのデータも取り揃えております。

 

モトラッド

http://www.motorrad.bmw-motorrad.jp/jp/motorrad/ja/index.html

(続きを読む…)