Work Flow

ロゴペイント

2019.02.25

Work Flow, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow

ロゴのペイントです。

ロゴのデータをスキャンしてそのロゴをアウトライン化していきます。

細かい作業なりますので、この仕事は女性スタッフに任せています。性格なのか分かりませんが過剰品質?細部までこだわって、いつも作ってくれます。

そしてプロッターでカットして版を作ります。

 

 

Glanz:Facebook

https://m.facebook.com/CompanyGlanz/?pnref=story

(さらに…)

FRP下地処理

2019.02.22

Work Flow, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow

ステップボートの下地処理。

このステップボードはFRP製品なのでFRPの下地処理を行います。(素材によって下地処理のやり方が変わります。)

初めにパーツに熱をかけて膨れをチェックします。樹脂や樹脂とゲルコートな中にエアーが入っている場合、熱をかけると膨張して膨れてきます。膨れを削り樹脂を流し込んで穴を塞いでしまいます。

成形が甘い箇所は形をパテなどで整えます。クラックがある場合も樹脂で修正していくんです。

FRPパーツは下地処理が大変なのです。

 

 

Glanz:Facebook

https://m.facebook.com/CompanyGlanz/?pnref=story

(さらに…)

穴埋め

2019.02.08

Work Flow, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow

グランツは修正や加工、成形などなど得意分野でもあります。

材質によって穴埋めも材料が変わります。今回のスチールでしたら溶接、FRPであれば樹脂を流し込んだり盛ったりと、プラスチックであれば同質の素材を溶かして埋めたり、エポキシ系の接着剤で埋めたりと色んな方法があります。

このリヤフェンダーはパテだけでの穴埋めはNG、穴埋めしたところが輪どってしうまったり、陥没したりと不具合が必ず生じてしまいます。

グランツでは穴の大きさにより、溶接したりハンダで埋めたりします。

今回は2か所の小さな穴埋めなのでハンダで埋めてしまいます。

 

 

 

Glanz:Facebook

https://m.facebook.com/CompanyGlanz/?pnref=story

(さらに…)

鈑金

2019.02.07

Work Flow, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow

グランツの軸となる業務が補修塗装です。

カスタムペイントなども行いますがメインは補修塗装。

キズやヘコミをもとの状態に直します。純正塗装が得意としています。

フェンダーやタンクなどが凹んでしまった。パネルが傷ついてしまったなど様々な対応をしています。

今回はリヤフェンダーの鈑金修正の風景です。

 

 

Glanz:Facebook

https://m.facebook.com/CompanyGlanz/?pnref=story

(さらに…)

FRP製品

2019.02.05

Work Flow, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow

グランツはペイント以外にも補修や加工なども得意分野。

転倒してキズやワレの修正や凹みなどの板金修正・FRP製品の補修や加工など4輪の板金塗装屋さんのイメージをオートバイに持ち替えた感じです。

純正パーツ補修塗装などご依頼が多いんです。

社外パーツを純正色にペイントしたりなどです。

本来このような仕事がグランツのメイン仕事なんです。

 

今回はFRPパーツの下地作りをご紹介します。

 

V-RODの社外FRP製品のエアーボックスカバーです。

 

 

Glanz:Facebook

https://m.facebook.com/CompanyGlanz/?pnref=story

(さらに…)

ビキニカウルペイント#2

2019.02.04

Gallery, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow

2015年モデル FXSB ブレイクアウト。

社外のフロントビキニカウルを純正色「ハードキャンディークイックシルバーフレーク」でペイントし仕上がりました。

純正塗料でのペイントです。

色見本としてフロントフェンダーをお預かりしました。

下地処理をしっかりと行っているので良い仕上がりです。

 

 

ハーレーダビッドソン三鷹

http://www.harleydavidson-mitaka.com/

Glanz:Facebook

https://m.facebook.com/CompanyGlanz/?pnref=story

(さらに…)

ビキニカウルペイント#1

2019.02.01

Gallery, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow

2015年モデル FXSB ブレイクアウト。

ビキニカウルペイント前の下地処理を行います。

FRPパーツのため巣穴(細かな穴)や、成型時の合わせ面痕などを修正します。FRP製品の場合はこのような作業が必須なんです。そしてスプレーパテを一度ペイントして面だしなど行い、最後にサフェーサーをペイントして下地処理を終えます。

 

ハーレーダビッドソン三鷹

http://www.harleydavidson-mitaka.com/

Glana : Facebook

https://m.facebook.com/CompanyGlanz/?pnref=story

(さらに…)

FXS#2

2018.09.29

Gallery, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow

 仕上がりました。

極力極力、色合わせを行い元の状態に近い色目を出しました。

色焼け・色褪せの再現できないところはゴメンナサイ。(塗りたての色なんで)

でもイイ感じに仕上がりました。

 

 

 

ハーレーダビッドソン徳島

http://www.harleydavidson-tokushima.com/

Glanz:Facebook

https://m.facebook.com/CompanyGlanz/?pnref=story

(さらに…)