Work Flow

FXDL外装レストア#3

2017.12.11

Gallery, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow

RIMG8862

サフェーサなどのペイントに入ります。

まずは、プライマーからペイントします。このプライマーはかなりの凄モノで、密着性を高めるとともに防錆に優れているプライマーです。

かなりのダメージの錆もこのプライマーでシャットアウトしてしまいます。

 

一国サイクルワークス

http://www.ichikoku.com/

(続きを読む…)

FXDL外装レストア#2

2017.12.09

Gallery, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow

RIMG8846

 

このように鉄素地が出るまでサンディングしていきます。

前後フェンダーやタンクは特にヘコミなどはなく、錆に侵されていただけでした。

錆もここまで除去できてしまえば安心です。

後はプライマーなどの防錆処理を行えば大丈夫です。

また、赤錆を黒錆に転換してしまうことにより、錆の進行が一気に遅くなります。

 

一国サイクルワークス

http://www.ichikoku.com/

(続きを読む…)

FXDL外装レストア#1

2017.12.08

Gallery, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow

RIMG8753

2010年モデル FXDL ダイナローライダー。

外装パーツ、フロントフェンダー・フューエルタンク・リヤフェンダー計3点のペイントを行います。

オールペイントですがあえて色替えはしないで、従来と同じ「スカーレットレッド」でペイントします。

外装パーツですが錆などのダメージが多くしっかりと下地処理を行う必要があります。

 

一国サイクルワークス

http://www.ichikoku.com/

(続きを読む…)

カスタムペイント#2

2017.11.21

Gallery, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow

DSC_0528

ロードスターのカスタムペイントパーツに合わせて、フロントフェンダーをペイントしました。

シートカウルは見本です。

シートカウルデザインを縮小してバランス良くフロントフェンダーにデザインしました。

このデザインが決定するまで何パターンがデザインを作り、一番良しとしたのがこちらのデザインです。

 

ピットインハーレーダビッドソン

http://www.harleydavidson-pitin-hd.com/

(続きを読む…)

ビキニカウル#2

2017.11.11

Gallery, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow

DSC_0347

ブラックデニムでペイントして完成です。

カウルの裏面はファインストラクチャーマットブラックでペイントします。

ブラックデニムのペイントが終わり、最後の段階でマスキング作業を行い裏面のペイントを行います。

 

ハーレーダビッドソン レイクウッド

http://www.lakewoods.jp/

(続きを読む…)

ビキニカウル#1

2017.11.10

Gallery, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow

RIMG0607

スポーツスター用ビキニカウル(ヘッドライトカウル)をブラックデニムでペイントします。

新品でもそのまま直にはペイントは行いません。下地処理を行いペイントしていきます。

密着性は勿論、色痩せなどの現象も防いでくれます。

 

ハーレーダビッドソン レイクウッド

http://www.lakewoods.jp/

(続きを読む…)

FXSB#4

2017.11.07

Gallery, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow

DSC_0229

仕上がりました。

クイックシルバーフレークはそれなりにフレークの粒子が粗いため、クリヤーは3回に分けてペイントします。

2コートクリヤーをペイントしたら70℃で強制乾燥させ中研ぎを入れ、再度クリヤーをペイントすることを繰り返します。

フレーク系はそれなりに手間がかかってしまします。でも、かけた分クオリティー良く仕上がります。

 

ハーレーダビッドソン長崎

http://harleydavidson-nagasaki.com/

(続きを読む…)

FXSB#2

2017.11.04

Gallery, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow

RIMG0032

 タンク表面を均等に均すとこれだけのパテ面積となります。

パテの選択もしっかりと行い(材質や用途に使い分けています)一つひとつの工程を確実に行っています。

仕上げのパテを使い形状に合わせて仕上げました。

 

ハーレーダビッドソン長崎

http://harleydavidson-nagasaki.com/

(続きを読む…)

FXSB#1

2017.11.02

Gallery, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow, HARLEY-DAVIDSON, Work Flow

RIMG9934

FXSB

社外ストレッチフューエルタンク。

まずは下地作業を行います。見ての通りスチール素地で延長された部位は溶接の痕があり、表面には製造過程で付いたプレスの痕や荒削りされた溶接の痕など全て修正していきます。

 

ハーレーダビッドソン長崎

http://harleydavidson-nagasaki.com/

(続きを読む…)